いつ災害が起きてもいいように常に備えておくもの

トレンド
スポンサーリンク

2020年3月5日、北海道は大荒れの天気となり

各地で大雪となりました。

水分を含んだ重たい雪は、除雪するにも重たく

また、車が思うように走れなくなり

スリップや立ち往生で、朝から大渋滞し、

交通機関がマヒしました。

大雪の影響で電線に大量の雪が積もり

最悪停電となる可能性が出てきます。

そうなると北海道では暖房が使えなくなり

最悪凍死する危険な状態に陥ります。

スポンサーリンク

過去に大雪による停電が発生

2012年11月27日北海道・室蘭・登別で猛吹雪のため

大規模な停電が発生しました。

このため信号機やコンビニも機能しなくなり

生活に大きな打撃となりました。

さやか
さやか

真冬に3日間の停電はつらいですね。

ここで買い占め騒動が起きる

停電になり、困るのが暖房です。

電気が使えないので、ポータブル式の灯油ストーブを買いに来る

人が電気店に殺到します。

次に乾電池が店頭から無くなっていきます。

暖房が無いと北海道では死活問題になります。

幸いガスと水道は使えたので、暖かい食事は取れました。

普段からの危機管理が必要

災害はいつやって来るかわからないので

常日頃から準備しておくことをおススメします。

水(ミネラルウォーター)

水は無いと本当に困りますから、常備しておきましょう。

乾電池、懐中電灯

災害が発生すると真っ先に無くなるのが乾電池です。

普段から置いておけば、安心です。

明かりが無いと人間は恐怖を感じます。

ランタン式のタイプ等もありますので

用途に合わせて使いましょう。

非常食

賞味期限の長いものを用意しましょう。

缶詰、レトルト食品、乾パン等

ガスコンロ

カセット式のガスコンロがあればお湯も沸かせますし

あったかい食事もとれます。

ごはんがあったかいと安心しますよね。

ポータブル式トイレ、トイレットペーパー

トイレが無いと非常に困ります。

ポータブル式の簡易的なものや、ペットボトルに取り付ける

タイプもあります。

防寒着

寒さを凌ぐには防寒対策をしなければいけません。

ストーブの燃料を節約するためにも

防寒着を用意しておきましょう。

ポータブル式ストーブ

電気が使えないと、灯油式のストーブが役に立ちます。

暖かいですが、換気には十分注意しましょう。

医療品等

風邪薬、頭痛薬、包帯など1式あるといいと思います。

マスクも常に常備しておけば、今回の買い占め騒動に

巻き込まれまくて安心です。

まとめ

災害はいつ起きるかわかりません。

いつでも対応できるような準備をしておいたほうが

良いと思います。

さやか
さやか

キャンプ道具1式揃えておくといいかもしれませんね。

自分の身は自分で守るのよ。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました